FC2ブログ

オンボロ4速スポーツスターメンテ日記

ひょんなことから手に入った 1988 年型 スポーツスター4速 xlh883(相当ボロ)をメンテする記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミッションのメイン,カウンターシャフトエンドプレイ測定

ミッションのメイン,カウンターシャフトエンドプレイ測定をします。
どうするかといいますと,ダイヤルゲージで振れを測定することです。

現在の車体はフレームを両ホイール無い状態でなかば上からタイダウンベルトで吊っている状態です。
なのでダイヤルゲージを車体外に保持したところで,正確には測定できません。
仮に両ホイールがついている車体でも,ジャッキアップした状態の車体重量でも
おそらく,ダイヤルゲージを車体外に保持した場合,正確には測定できないでしょう。
なぜなら,ここでもとめられる精度は 0.01 mm 単位だからです。

測定の過程では,メインシャフトなどを押し引きします。きっとそのとき車体は微妙に振れるでしょう。

では,どうするか?ダイヤルゲージをミッションケースに保持する必要があります。
そのための治具をホームセンターの建設資材置き場で 100円で買ってきました。

ミッションケースのボルト穴を測定しておいて,ドリルで加工します。

20081212.jpg

こんな感じで設置します。

20081212 (1)

そうするとこんな感じにダイヤルゲージをセットできます。

20081212 (2)

んで,最初はメインシャフト測定。スプロケ側に目いっぱい押した状態を0基点にします。

20081212 (3)

クラッチ側にスプロケ側から目いっぱい押したところ,エンドプレイは 0.1 mm でした。
こうなると手の感触はありませんので,ダイヤルゲージはやっぱり必要でした。

20081212 (4)

次にカウンターシャフトの振れを測定します。
カウンターシャフト振れ測定は向こう側から押せません。
マニュアルによると「使用しないスポークを曲げ,押し込んで,押し引きする」らしいが
使用しないスポークなんか,持ってるはずありません。

なので,適当に転がってたワイヤーブラシの端部を切断すると,最初から曲がってるので
曲げる必要もなし。


20081212 (5)

と,ここで,メインシャフト測定時点ではマグネット台座で磁力で固定していたのですが
カウンターシャフトはさらに下にあるのでマグネット台座が不可能になることに気づき
治具をさらに加工します。

20081212 (6)

こんな感じにダイヤルゲージをセットできました。

20081212 (7)

こんなふうにカウンターシャフトの中央の凹部分に,スポーク状の曲げたものを差し込んで
押し引きして測定します。
とくに段差があるわけではないので,スポーク状のものを「引っ掛ける」ことはできません。
ここは,机上でマニュアル読む限り,意味がわからなかったのですが
やってみてわかりました。

すなわち,スポーク状程度の断面のものをちょっと曲げることで
「梃子」の原理で凹部分の差し込んで,ぐいっと曲げたら完全にカウンターシャフトは固定できて
結構な力で押し引きが可能になるのだ!

20081212 (8)

で,測定した結果,感覚でわかるほどガタガタしています。
振れは0.3mm ありました。

ここに,適正値は

メインシャフト
0.006in - 0.020in = 0.1524mm - 0.508mm

カウンターシャフト
0.004in - 0.015in = 0.1016mm - 0.381mm

ですので,
メインシャフトは基準より(0.1524mm),タイトで
カウンターシャフトは基準値に収まっていますが,
(0.1016mm - 0.381mm) 若干ルーズであることが判明。

ここはプライベーターの強みで,ほぼ完璧に調整することで,
精神的に自己満足をするのと,弱点とよわれているミッションを完璧なフィーリングで乗りたい…
との欲求から,さらにシビアに追い込んでみようと思う。

下記に,調整案をまとめる。
20081212guide1.png
20081212guide2.png

赤色が,現在の設定。青色が修正候補。

なお,これらのワッシャー類は OEM のたとえば V-Twin などの社外品だと
一式単位でしか取れず,確か6000円とか8000円とかしたようなうろ覚え。
メイン,カウンター両方だと1万超えコースだった気が…

それで,修正候補を1枚単位でディーラーで卸してくれたら助かりますが
現在,生産中止になったとかならないとかの噂も聞いたことがある。

となると1万超えて,シビアにやり直す価値があるのかないのか微妙な選択肢になる。
今の段階で,一応,規定になっているとはいえるかもしれませんが
(メインのみ 0.05mm のみタイトな状況…)

とにかく,明日ディーラーに行ってみよう。

ってことで,次回は更なる,微調整編になるかもならないかも…。

テーマ:Harley-Davidon - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/12/12(金) 22:17:02|
  2. ミッション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<スラストワッシャー純正在庫0 | ホーム | トランスミッション組み付け(4)>>

コメント

はじめまして!
すてきなブログですね。

私は投資系サイトをやっています。
よかったら一度、遊びに来てください。
  1. 2008/12/13(土) 18:24:02 |
  2. URL |
  3. スキャルパー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kasa883.blog75.fc2.com/tb.php/106-acbfea61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kasa883

Author:kasa883
バイク好きな30代。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。