FC2ブログ

オンボロ4速スポーツスターメンテ日記

ひょんなことから手に入った 1988 年型 スポーツスター4速 xlh883(相当ボロ)をメンテする記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トランスミッションレストア編,これにて完全終了

気づいたら1年以上やっているトランスミッション O/H を本日完全に終了させた。
20081219.jpg

3分くらいでフツーに外す。

20081219 (1)

メインシャフトスラストワッシャーをマイクロゲージで測定しておいてから

20081219 (2)

バルブコンパウンド荒めをギヤオイルで溶いて,家に転がってた,100円ショップで買った鏡に伸ばしてワッシャーを「ガリガリガリガリガリガリ…」として研磨。平面研磨が必要なのだ。
実はシリンダー底面もこうやって研磨できるらしいのだ。

20081219 (3)

んで,ミッションカセットにワッシャーを組んで,フツーに3分以内でケースに着ける
(もう慣れちゃった)
で,メインシャフトのガタを計測したら 前回より増えて, 0..14mm 強くおしたら 0.15 mm

ってことで,マニュアル規定値の最低値。

20081219 (4)

んで,今度はカウンターシャフトのガタですが,前回よりタイトになって 0.27 mm
ってことは規定値内でちょうどいい具合。
前回よりちょっと違うのは
おそらく,トルク管理の差。

実は,前回使ったトルクレンチは最低計測トルクが 19 N/M からのヤツだったので
今回は新たに 7 N/M から計れるヤツを使用して,今回は 23 N/M でトラップ部分4本ボルトを占めこんだのです。なおタメ氏からも,ここは相当ナメやすいから気をつけるようにって言われたのですが,
マニュアルのトルクだと腕の先でちょっと押すくらいの結構軽め。相手がアルミだけにナメやすいみたい。

そんな差で平気で 0.05 mm 位はかわるんですね。
これにて完全に自己満足の規定値おさめが出来たので,自分の精神的な満足は高まりました。
が,冷静に客観的な機械の動きはそんなにかわらないかも……って感じです。


20081219 (5)

次はメインシャフトオイルシール。
これはまだ純正がディーラーから出る。

写真の水道屋さんの給水栓25mmがホームセンターで 100 円で売ってたので買ってきた。
サイズはぴったり。

20081219 (6)

メインシャフトに嵌めて

20081219 (7)

打ち込む。

20081219 (8)

あっナナメに入っちゃった!ってことで,水平に叩き込んだら,こんなに入っちゃいました。
実はここはツラから 0.01 inch (約 0.25mm )落ち込むのが規定値なのだが,
計測したら 0.06 inch も押し込んじゃった。
ここはもうリカバリーは無理。

で,素直にあきらめる。実は全然平気と思う。
だってオイルシールの下にはベアリングがあるだけで,影響はないと思う。

この車体レストア前は,ここのオイルシール周辺に
オイルと汚泥の混合物が文字通り3~4cm も堆積していた…

きっとここからオイル漏れしていたのだろう。

実はメインシャフトベアリングインナーレースの回転とオイルシールは回転して常に摩擦している構造なのです。
で,相手はゴムだし,オイルは漏れるんではないだろうか,普通に考えて…

と思いました。

つらつら書き連ねましたが,以上でミッション編完全終了。
1年以上もかけるのも珍しいですが,自分の中ではやりのこしたことは無いと言い切れる非常に
自己満足できる状態なのです。

さて,次の工程に移ろう。
エンジン腰上やっちゃってもいいし,クラッチ周りやっちゃってもいいし,配線周りやっちゃってもいいし
車体周りを先にやっちゃってもいいし,年末年始の休みはいろいろやっちゃおう。

テーマ:Harley-Davidon - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/12/19(金) 18:19:19|
  2. ミッション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<プッシュロッドカバー塗装修復 | ホーム | シリンダーヘッド,バルブ周り点検してもらう(サムライのタメ氏)>>

コメント

ここのオイルシールの適切な入れ方ですが、リング状のスペーサーを作ります。
外径はオイルシール外径より2ミリぐらい大きめに、内径はオイルシール内径と同じに、幅は8ミリぐらいでいいでしょう。材質はアルミもしくは塩ビでもいいでしょう。
スペーサーが出来上がったらオイルシールがはまる部分をホットヒートガンで温めます(手で触れられる程度)。
オイルシールをセットしスペーサーをセットしスプロケットをセットしナットをつけてナットをゆっくり締めこんでいくとオイルシールがキッチリ平行に入っていきます。(上から覗き込んで確認しながら行いましょう)
この時スプロケットを手で押さえておきます。
クランクシャフトのオイルシールもこのような方法で入れました。
ハーレーのオイルシールは叩いて入れようとすると斜めになるようです。困ったもんです。

  1. 2008/12/19(金) 20:15:35 |
  2. URL |
  3. X #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです。
マニュアルには「適切な取り付け用ツールを使用して,オイルシールを取り付ける」とだけ書いてあって,
適切なってなんだろう…??って感じでした。
このやり方は確かに「適切な取り付け用ツール」
ですよね。
大変勉強になりました。
今回いろんな知識がどんどんたまって行きます。
それだけ大事にバイクに乗れそうです。
  1. 2008/12/19(金) 22:55:06 |
  2. URL |
  3. kasa883 #gkbt0nUw
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kasa883.blog75.fc2.com/tb.php/109-0ce88c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kasa883

Author:kasa883
バイク好きな30代。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。