FC2ブログ

オンボロ4速スポーツスターメンテ日記

ひょんなことから手に入った 1988 年型 スポーツスター4速 xlh883(相当ボロ)をメンテする記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トランスミッションのシャフト類計測

シャフトの振れを測定してみた。
Vブロックにシャフトを渡して,回転させ,1/100mm精度のダイヤルゲージで測定する。
Vブロックは定盤の上に置くべきらしい。
定盤とは平面の基準となる水平な台の事である。
そんなもの持ってないが,家庭には鏡というものがある。
鏡の鏡像を見て,自分の姿が歪みが無く写っているのならその鏡は平面ということだ。
ということで測定してみる。
(たぶんガラスも定盤の代わりに使用可能)

車体の内部の回転状態と同じ様子を再現してみて測定する。
2007120620.jpg

最初はメインシャフト。この位置でも↓
2007120621.jpg

この位置でも,振れは 0.01 mm で完全に使用限度内。(測定の誤差範囲か?)
よって再使用可能と判断する。
2007120622.jpg

次はカウンターシャフト。こちらも振れは 0.015mmで完全に使用限度内。
もちろん再使用。
ちなみに,再使用限度範囲は 0.03inch = 0.0762mm なのです。
2007120623.jpg


最後はシフターフォークシャフト。なんと振れは 0.00 mm で,このダイヤルゲージでは振れ幅測定できない。ということで直線である。念のため鏡の上を転がしてみた。
なんの抵抗も無くコロコロころがっていく。ということで,これも勿論再使用。

テーマ:Harley-Davidon - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/12/06(木) 22:46:39|
  2. ミッション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シフターメカニズム分解 | ホーム | トランスミッションギヤ測定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kasa883.blog75.fc2.com/tb.php/35-75fa57c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kasa883

Author:kasa883
バイク好きな30代。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。